2013年8月17日土曜日

iPhoneアプリ紹介用の動画キャプチャには「Reflector」というソフトが便利。

こんにちは。

あいかわらずUnity3dによるゲーム開発はサボって休んでいます。
やりたい気持ちはあるんですが。

で、最近はiPhoneアプリ「駅着いったー」のVer2.1の開発中でした。久々?のObjective-Cです。
開発の終わりが見えてきたので、今は「Reflector」というソフトを使用して実機でのiPhoneアプリ「駅着いったー」の操作を動画キャプチャして、以前書いた動画編集フリーソフト「AviUtl」や「Windows ムービーメーカー」あたりで動画編集してYouTubeにでも使い方動画としてUPしようかな、と。
Ver2.1まで何やってたんだ!って話もあるんですが。

iPhone上の操作を簡単に動画キャプチャできる「Reflector」というソフト、便利です。ゲームのプレイ動画なんかも撮れますね。ただしAir Play経由でアクセスしてるようで、まれに音ズレがある点には注意です。
インストールや使い方については以下のページが詳しいです。

iPhoneの画面をキャプチャして動画撮影できる「Reflector」の使い方~PCツールを使って、非脱獄でも録画可能に!~

このソフト、無料版でも録画10分間が可能です。
10分を超える動画を撮影したい場合は、「$12.99」で有料ライセンス、とのことです。

GPS機能絡みのアプリは操作画面とか録画するの地味に面倒だったりするんですが、頑張って録画して、編集して、UPしますです 笑。

「駅着いったー」のVer2.1の詳細については後日予定、ということで。

2 件のコメント:

  1. Reflector Ver.1.3.4では 1週間の期間限定に変更されてました もう使えない。

    返信削除
    返信
    1. おお、そうなんですか。知りませんでした。情報ありがとうございます!自分はバージョン上げてないから使えていたようです。ちなみにバージョン確認したら1.2.6でした。

      削除